お知らせ

ブロックのインソール加工【リウマチ編】 

みなさんこんにちは。

今回は幕張新都心店よりお知らせです。

 

先日、リウマチがあり足裏の痛みでお困りの方に、インソールの加工をさせて頂きました。

 

こちらのお客様は、弊社でご購入された靴をお使い頂いていたのですが、最近足裏のタコが痛くなってきたということでした。

 

足裏・インソールを拝見すると、どうしても足趾の付け根あたりに負荷がかかりやすいようでした。

 

 

 

元々のインソールがまだ使える状態でしたので、今回は『横アーチをパッドで直接持ち上げて足趾の付け根にかかる負担を軽減』させて頂くことに決まりました。

 

インソールにある足趾の位置を確認し、パッドの位置を微調整しながら、何度か試し履きをしていただきます。

パッドの位置が決まったらトップカバーを剥がして、インソールにパッドを糊付けします。

 

 

インソール表面にパッドを貼ることで、直接支えられるメリットがありますが、凸凹が気になる可能性も出てしまいます。足裏に違和感を出さないために、できるだけ自然な感じになるよう削って表面を整えました。

 

 

このまま表面にカバー(トップカバー)を貼ることもありますが、今回は靴内にスペースが少しできていたので、表面に柔らかいクッション材を糊付けすることに。そうすることで靴内のスペースが埋まるため、フィット感を上げながら、足当たりも良いインソールに変化します。

 

今回は2mmのクッション材を貼り付けましたが、足の状態や靴内のスペースによって貼れる素材が変わります。

 

 

あとはインソールの周りをキレイに仕上げて、完成です。

お客様のご要望によってはインソールの表面にトップカバーを貼ることもあります。

 

 

ちなみに、今回のお客様がお使い頂いていたシューズは、以前の記事でご紹介いたしましたブロックオリジナルシューズです。シューズの写真を撮り忘れてしまっていたので、ご参考までに記事の写真を貼付いたします。

 

 

http://www.bloque.co.jp/bloque-ordermade-brandnew-color-shoes

 

出来上がったインソールをシューズに戻してお試しいただくと、「今までより足裏の感じが良くなった」と喜んで頂けました。

 

今回の加工で、足趾の付け根付近の負担軽減や、タコ・ウオノメの改善が期待できるかと思います。

 

今後も、様々なオーダーインソールや靴の加工調整例を随時更新してまいります!

 

当店には日々、千葉県・埼玉県・東京都・茨城県をはじめとする関東全域はもちろん、 日本全国各地より「足のこと・靴のこと」でお悩み相談にご来店される方が数多くいらっしゃいます。

もし何か少しでもお悩みがございましたら店頭にて無料相談を受け付けておりますので お気軽にご相談くださいませ。

足が喜び、体が楽になるお手伝いいたします。

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。